和太鼓は人と協力して叩く

和太鼓は人と協力して叩く

和太鼓は人と協力して叩く

基本的に太鼓を叩く人は一人です。

しかし、一人で『どどんがどん』と『タカタッタ』を叩くのは、最初は難しいかもしれません。

そんなときは、誰かに応援を頼みましょう。

『どどんがどん』は自分で叩き、『タカタッタ』は人に叩いてもらうのです。

横にいてもらえば胴の木の部分を叩くことはできますし、他にも床や、やぐらのてすりなどを叩いてもらっても構いません。

そうすれば『どどんがどん』だけに専念できます。

スポンサーリンク

逆に自分の周りで『タカタッタ』まで叩けない人がいたら、協力してあげましょう。

他に摺鉦(すりがね)という楽器もあります。

金属製の打楽器で、当たり鉦(あたりがね)とも言われます。

手のひらに納まるぐらいの大きさで、灰皿のような形をしており、その中を叩く打楽器です。

チンドン屋の人が叩いているのを見たことがあるかもしれません。

この摺鉦を、祭などでこれを使うところもあります。

『どどんがどんタカタッタ』と同じリズムで叩くと太鼓とは違う高音が出て、音に厚みが出ます。

これを叩いている人がいれば、『タカタッタ』は叩かなくても気になりません。

ただし、同じリズムで合わせないとごちゃごちゃしてしまいますので、注意してください。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional