他にもある様々な和太鼓

他にもある様々な和太鼓

他にもある様々な和太鼓

盆踊りの太鼓は、いくつもある和太鼓のうちの一つに過ぎません。

和太鼓は他にも雅楽でも使われますし、大勢で叩く組太鼓もあります。

普通に置かれているものだけではなく、抱えて持つものや、山車のように曳くタイプの太鼓もあるのです。

阿波踊りで使われるものは、リュックサックを逆に背負うように太鼓を体の正面に担ぎます。

胴の部分が短く平たい太鼓を縦に持って、左右から叩く形になります。

マーチングバンドのバスドラムのようです。

スポンサーリンク

阿波踊りは町を練り歩く踊りですので、歩きながら叩くためにそのようになったのでしょう。

ただ歩くだけではなく、10㎏近くもある太鼓を持って叩きながら行進するのですから、なかなか体力を使う太鼓です。

ですが、その分迫力もあり、大勢で叩いている姿は圧巻です。

盆踊りや阿波踊りのような迫力のあるものもあれば、雅楽のように雅なものもあります。

雅楽ではリズムを刻むというほど多く叩かないため、区切りをつけているように感じます。

曲によっては八小節ごとに一度叩くだけなのです。

しかし、その太鼓が曲のアクセントとなり、厳かな印象を与えます。

太鼓は他の楽器と違って、音階がなく単音です。

それでも日本では古来から重要な楽器とされ、人々の心をも打ってきたのです。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional